2010年03月31日

オットンボートで沖へ行く!

本日は、今年初釣りの関東からお越しのオットンさんのお誘いでボート釣行です。
3人で出たのですが、結果的に僕だけ釣れませんでした・・・。

しかし、手堅いポイントに入ると、誰かが釣れたり反応があったりしました。
情報って大事ですね。
釣れたのは、3尾で、全て自衛隊沖。
R|RP.JPG

赤さんが49.5(ほぼ50)の1920gをDDスクワレルにて!
SXDT.JPG
dPXQO.JPG

さらに、浜大津行って戻ってきてのルドラ(SP)!
SO.JPG
[II3-31.JPG

そして、初釣りのオットンさんもDDスクワレルで30あるなし。
cc`.JPG

キモは、ロングステイだったようだ。
誘った後に、ロングステイ。

素晴らしく不得意な釣りだ・・・・。

バスが見てるかどうかも分からないのに、止めとくなんて僕には出来ない!
でも、そんなこと言ってるから、一人ボーズなんだよ・・・。
ああ、悲しい・・・。

明日も、沖に浮きますので、明日はガンバて耐えてみますよ!!
マゾですね、マゾ。
posted by てんちょ at 15:33| 毎日釣行記

2010年03月29日

水温10度に回復、45cm釣れた!

朝一3−29
今日は釣れた。
久しぶりに、釣れた。
45cmで、
エビメタ45〜!!!
1460g、もちろん、エビメタル!
エビメタ45〜!
かなり手前で釣れた。
フォールdeゴンッっとキタ!
いや、コンッくらいかな。

朝からやや西風があり、心持ち、波立っていた。
風向き変わる
こんな時は、意外と手前で釣れたりしてる実績が高い。
気がする。

荒れれば荒れるほど、手前の実績が高い。
気がする。

とても、そんな気がする。
しかし、釣れるのは40後半までって実績が多い。

特に北風の時程、いいですね。

ま、実際は、そんな日は寝とくのが一番良かったりもするんですけどね。
しかし、お布団の中では、バッスは釣れないですからね〜。

後は重さのローテーションか。
僕は滅多にしないですけど、製作者・ヤマノウチ氏がこのところ気にしてたりするようだ。
それを読んで、今日は、珍しく17gを使用してみる気になり、使って見たら、見事に釣れた。

コレは、ちょっと見逃せない事実だぞ!
当たり前の話で、いまさらだけど、重要なことのようだ。
ヨウ、チェケラー!

そして、河口際は、コイが釣れる実績がかなり高い!
鯉ファイト〜!
特にスレじゃなくエビメタ食ってくるサイズは80前後のナイスコイが多い気がする。
鯉ド〜ン!
そんな情報は、要りませんか?
いや、でも釣れない時は、すごい重宝しますよ?

あ、要らない?
ですよね〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
帰ります3−29

posted by てんちょ at 16:55| 毎日釣行記

2010年03月28日

水温9,5度・大潮1日前。

s{PR|QW.JPG

朝5時起きで張り切っていいて来たのに!!
びっくり、ツレナス!!
大潮、満月の前日のはずなんですけど?
なんか間違ってる?
朝一の写真がピンボケしたように、俺の感もピンボケか?

いや、7時半ごろにロクマル(エビメタルにて)でてるから、やっぱり大潮だ。

え?
1本出ただけで、決めちゃうの?って。
ああ、いいんですよ、こんなもんは、そんな感じできめちゃって。

他にも釣れてないと言いながらも、なんだかんだと40UP、50UP(エビメタルにて)と少ないが上がっていたので、やはりチャンスは、そこかしこに転がっている。

でも、拾いやすい体質が毎年ある。
去年ダメった人が、今年は、コンスタントに釣ってたり。
去年良かった人が、まったくもって無音だったり。
去年ダメだった僕が、今年もダメだったり・・・・。

う〜ん、なかなか、上手くいかないもんだ。
ブン投げて、リフトして、フォールさせるだけなんですけどねぇ〜。
ちょっとした違いが、ちょっとではないようで。
そのちょっとした何かが、釣れない僕にはもちろんのこと、釣ってる本人人にも良くわからない。
今、釣れてないアクションの僕が、そのままのやり方なのに数日後には、釣れるアクションになってしまっている、なんてこともあったりする。
もう6〜7年、やってるとは思うが、さっぱりだ。

始めて1年目、2年目はイマイチだった気がする。
3年目、4年目、5年目と、めっちゃ釣ってた気がする。
6年目、7年目は、またイマイチだった感じかな?
そして、今年も・・・・・今のところイマイチ・・・・・・。

でも、今やっと9,5℃。
魚は、水温と日照時間で動く。
桜もやっと2つ3つ咲き始めたところ。
炭.JPG
まだ、これからだ。
きっと、これからなんだってばっ!

さ〜って!
2月分(5本)と3月分(15本)、合わせて20本くらいは、どかっと行くよー!!


あ、4月分(15本)足したら、35本か・・・・。
釣行数が、少なくて15日として、1日平均2本か・・・。
ら、楽勝だろ・・・ははは・・・。
posted by てんちょ at 20:29| 毎日釣行記

2010年03月27日

水温9度に。激冷え〜・・。

asaiti3-27.JPG

今朝は、寒かった・・・。
風がまた、一段と冷たかった・・・。
水温が1度下がった。

昨日、お客さんに「また水温低下で、厳しくなりますかね?」と聞かれて、「10度越えてたら、1〜2度下がっても、大して問題ないですよ〜」なんて答えてたんですが・・・・。

10度きっとるがなっ!!!

まーじーでー!!!


でも、やっぱり朝5時半頃から6時過ぎに渡っては、魚出てましたね。
コレが6時6分に到着して、用意終えた時に釣れてた52〜3cm。
52~3cm.JPG
ルアーを聞いたら、エビメタルだったので、写真貰っといた。

しかし、それが時間的にラストの魚だったようで、そのほかで魚は見ていない・・・・。

キツイなー・・・。
こうなりゃ温水の力を借りて・・・っと、河口際でシャクった結果!
巨ゴイにスレチョビレ・・・・。
90o-ba-.JPG

久しぶりに、スゴイファイトだった・・・。
gyu--n!.JPG
のされて、振り回されて・・・・。
これは、これで、やはり楽しい。

すんがすん!

楽しいが、嬉しいとは違う。
だから、デカイ鯉釣っても、手は震えない。
やっぱ、バスとは違うのな〜。

デカけりゃいいってもんじゃないらしい。
不思議じゃないが、不思議だね〜。

そして今気がついたが、どうやら、デカバス釣って手が震えたりするのは、楽しいからじゃなく、嬉しいからなんだな。
あ、早く手が震えるような嬉しいやつ釣りたい!!
posted by てんちょ at 18:17| 毎日釣行記

2010年03月26日

水温10度。時合いのみ釣れた。

asaiti3-26.JPG
時合いは、6時前から15分ごろまでって感じ。
ポイントは、言わない。
ソコは、通ってる人のモノだ、おいそれとは、話せない。

数は4〜5尾は上がったのかな?
僕がついた時に見えたのが、最後の1尾だったようだ。

とりあえず、やっとこさ春らしい釣れ具合になってきたように思う。
もう一息すれば、ゆっくりいつでもポロっとデカイのが釣れちゃう、春本番がやってくる。

誰でも、デカイのが簡単に触れる時期!!
今、釣っとかなきゃ損、損!!

さあ、期待高まってきたよー!!
6月一杯まで、長いサービス期間に突入だー!!

情報が大事な時期でもあるから、いろんなところの情報チェックも大事ですよ!
春のバスは、産卵することに頭がいっぱいになってて、セオリーやパターンにハマりやすい事が多いからねー!!


あ〜・・・俺も、早く1尾釣りてえ〜〜〜・・・。

*注意*
題名でてんちょが釣れたように書いてありますが、てんちょは釣れておりません。
釣ってきたかのような書き方をしてしまったことを、心からお詫びいたします。
posted by てんちょ at 12:51| 毎日釣行記

2010年03月23日

水温12度。見事にバラした!!

バラしたなー・・・。
デカかった・・・・。
50後半はあった・・・・。

距離が近すぎて、力の逃げ場がなかったのだ・・・。
まあ、僕が逃がすのを失敗したのだが・・・・。

手前10mほどのところで、フォールにグンッと来た。
ひっさしぶりのメタルバイブの釣りらしいバイトでした。
上めで食ったのもありすぐに水面を割って、魚体が見れただけでも、すくなからずもラッキーだったのかも?

その時にリアフック(1本掛かりまでは見えてないけど)のみであることが見て取れた。
強引にはいけないし、いってはいけない。
突っ込むバスに対して、すかさず、ロッドを倒してついてゆきつつクラッチを緩める。
しかし、間に合わなかったようで、しっかり伸ばされてしまった・・・。

あ〜あ・・・2本掛かっていれば・・・。
もしくは、あと少しく深く掛かっていれば・・・。

しかし、僕が良く言うことですが、「マス針でもロクマルは上がる」。
要は、アングラーのさばき方次第。
判断力という経験値次第ということです。

いや、いたしかたないことも多々ありますけどね!

でも、それもこれも、責任は「自分に」だ。
何でもかんでも、「アレが悪い」、「コレが悪い」という人が多すぎる。

一番悪いのは、そんなこと言う人の頭と腕だからね。
どう扱うのか、どう捌くのか、どう判断するのか、どう考えるのか、どう生かすのか。
全てはアングラーの責任だ。

それが、「釣り」だよ。

僕は、まだまだ釣り足りて無い・・・。
ただそれだけ。

だから、まだまだ、釣りは面白い!

デカイのバラして、何を学ぶか!
デカイのバラさにゃ、それは得られん!!!

まー!そういうことにしておこうじゃないかっ!!
こんちくしゃーーーうっ!!!
posted by てんちょ at 14:24| 毎日釣行記

2010年03月19日

25cm釣ってデジカメ落す・・・。

25cmくらいのが1尾釣れて、もう1尾スレで上げた。

後は河口で、去年見つけたパターンが効くのかどうか試してみた。
そのパターンというのは、おっきめの浮き物投げて、力いっぱいスプラッシュさせる。
極力際でやるのが良い。

ドガボチャン!!!

っと、アホみたいにやって、浮かせて、待つ。
すると下から、50クラスが、ふら〜〜っと浮きあがってくる。

今日、やって見たら見事に浮き上がってきた。
しかし、キワから外れてたので、バイトに持ち込めず見切られた・・・。

しかし、当たってたことだけでテンションあがってしまって、アホみたいに浮かれて、ばっしゅお、ぶばっしょ!と投げまくった。

橋の下のキワを狙うため、壁や欄干にガチガチぶつけてしまい・・・ルアー3個大破・・・。
中の詰まっているリアライザーは、フックのヒートンヘシャ曲がってボディーにめり込んだ・・・ややヒビも入ってる感じ・・・。

そして、ふと我に変えると、駐車場の時間3分前!
焦って、帰ることに!

そして、きっと、荷物のところか、走ったときに、ポロリンチョしたんだな・・・。
ああぁ・・・・公衆の面前でチンポ、ポロリンチョしなくて良かったが、代わりにデジカメをポロリンチョしてしまった・・・・。

ああ、イヤらしい・・・。
誰か・・・・誰か、ぼすけて・・・。
posted by てんちょ at 17:05| 毎日釣行記

2010年03月18日

水温10度くらい・1尾釣れた。

asaiti3-18.JPG

4日ぶりの釣行で、とりあえず1尾釣れたんですが・・・。
30naipo3-18.JPG
ちっせえ・・・。
30あるなし。
8割、無いと見ていい・・・。

エビメタル(オリジナル)24g・スパークオレンジで釣れた。

ほっぺたにワームがついてた。
ワームで釣った訳ではないぞ!!

水もいい感じ。
ウィードもいい感じ。
水温も10度くらい(ヤマノウチ氏測定)で悪くない。
昨日と同じらしい。

ちょっと今朝の冷え込みはきつくて寒かったかもしれないが。
そんなに気にしなくてもいいと思うんだけどな〜・・効いたのかな〜?

ほかにもちっさいのが2本。
一人かなり離れたところで50UP釣って帰ってきた。
人も10人居無くて、情報はこんなもん・・・。


帰り際河口で、ギルがバスに食われるのを見た。
50あるなしだった。
そういえば、去年もこれ見て、狙ってこれを釣った。
いや、掛けた。(バレた)
釣り方は、たぶん合ってたんだと思う。

でも、去年も1度きりだったから・・・今度も釣れるとは限らない。
でも、試してみる価値はある。

明日は、キラーコンパス持ってこ〜っと!
posted by てんちょ at 12:09| 毎日釣行記

2010年03月14日

水温9度・新月の大潮です。

asaiti 3-14.JPG

イマイチ、釣れてなかった。
いや、イマイチどころではない!!
初日だってーのに、30人からしゃくってUP1尾しか見て無い!!
んなの、大潮じゃな〜〜いっ!!

大潮って言っても、満月の逆で新月の大潮。

産卵には、大潮の影響が色濃く出ると言われています。
しかし、サンゴにしても、どこぞのカニにしても、いろんな産卵映像を目にする機会に見た時に、満月の月の光が印象的に残っています。

やっぱり、大潮っていっても満月じゃないと効果は薄いのかもしれない。
だって、今日、大潮初日なのに、全然魚あがって無かったよ?
う〜ん。

ってことで、帰って過去のデータを見てみる。
大潮の影響について、調べ出したのは4年前から・・・・。
1年目は、新月も満月も分けて無い・・・・。
だめじゃん・・・。
それでも何とか解読して、データを読んでみる。

う〜む。
なんとも微妙な結果だ。

まだまだ、データ量が少ないので、胡散臭い話になってしまいますが、解析結果をご報告。

やはり、新月の大潮での釣果は少ないしボーズも多い。
変わって、満月の大潮での釣果は、新月よりも多いように思える。
でも、新月の方が釣れてる時もあるし、その次の満月で逆にボーズ連発の時もある・・・。

まだまだ、データとしては、甘いかな・・・。

とりあえず、いまの分かる範囲でまとめて見ると!
新月の大潮は、弱い!
やはり期待できるのは、満月の大潮っぽいぞ!!

でも、やっぱ気になるので、まだまだデータを集める必要がある。
posted by てんちょ at 13:32| 毎日釣行記

2010年03月13日

水温9.5度・50UPの又釣り!

TOtoR|PQ.JPG

釣れてる魚を釣った・・・。
50UPで、ぷっりっぷりであった・・・・。

PEラインだったが、何があったか知らないが、20mほどつけたまま切られてしまったようだ。
そのPEラインを、僕がエビメタルで引っかけたのだ。
R|PQ.JPG

口の中には、バクラトさんが入ってた。
丸呑みだった。

頑張って取った。
手がボロボロになった・・・。
IR|PQ.JPG

まあ、取れたので良かった。
切られた方、ご安心を〜!!

周りでは、40前半が2〜3尾。
30クラスが5〜6尾は上がってたかな?

やはり昨日に比べて、グンッと釣果が増えてる。
あの界隈(ちょっと離れたとこ)では、ほかにもロクマルや59cmが上がってたとか。
8時ごろには、49cmの2キロオーバーも上がってたとか!

さて、本命は明日だ!!
明日だが・・・・・起きれるのか俺?!
posted by てんちょ at 17:56| 毎日釣行記

2010年03月12日

久しぶりに釣れたのです!!

[R|PQ.jpg

46〜7cmの1410g
SU`VERPQ.jpg

ゲッソだ・・・。
デコッパチゲッソだ・・・・。

ノンファイトで上がってきた。
35くらいだと思ってた・・・。

フックも刺さってなかったのに捕れた。
魚が暴れないと、追い合わせというのは、8割効果がない。

思っている以上に合わせの力は、逃げているのだ。
魚が暴れてカウンターで合わせが入らない限り追い合わせは、効き難い。
覚えておいたほうが良い。

合わせが効くのは、初めの一撃のみ。
そのときは、アタリを感じているときで、魚が反転しているときか、魚が止まっているときで、急にルアーが動くから掛かる。

しかし、動いている最中に合わせを入れても、魚ごと動くだけで、かける力は大方逃げてしまっていると思ったほうが良い。

対処法としては、テンションを一切緩めず、巻いてくるか、一瞬緩めたところからラインが切れそうなほどの力で合わせて見る。
もしくは、走り出すのを待って、走り出したときに、力いっぱい引き合わせをするくらいかな?

しかし、どれもなかなかどうして、微妙なもんだ。

テンション緩めず巻いてきても、寄せてくるとかなりの率でエラ洗いするから、そこでぶっ飛ぶ可能性が高いし・・・。
緩めて合わせるのは、文字通り緩めるので、そこでバレる。

一番、良いと思うのは3つ目の「走り出したときにカウンターで入れる」のがいいのだか、コレもどこまで効いているのか、上げたあと、掛かりを見て、意外と掛かっていなくて効果に疑問に思うことも少なくない。

しかし、まあ、追い合わせはしておいて損はない。
ただ、「追い合わせ」ではなくて、「引き合わせ」を推奨する。

追い合わせで、多いのが、一瞬ロッドを倒して、合わせに入るやり方。
コレは上で書いた一瞬テンションを緩めての合わせ行為だ。
結構危険です。
逆に掛かりが浅くなることもありえる。

僕も以前その癖で、バラしてたことがあったので、引き合わせに変えた。

引き合わせとは、巻き取りスピードを加速しながら合わせる。
そのとき普段の合わせの位置よりもさらに後ろまで合わせる事が大事。
重さを感じている状態から、さらにその魚を水(水圧)に押し付けてしまう気持ちで。
そして、その後、その、のけぞった体制でしばらくファイトしつつゆっくり慎重に元の位置へと移行する。

まあ、実際それも怪しいんだけどね(笑)
PSPOER|PQ.jpg
ロッド:デイズDC−76MH
リール:シマノ・アンタレスDC7
ライン:サンライン・FCベーシック14ポンド
ルアー:MY’sエビメタル27g(スパークオレンジ)
posted by てんちょ at 13:54| 毎日釣行記

2010年03月11日

6日ぶりの釣行で水温計り忘れた。

5日ほど、雨だ!寒さだ!風だ!濁りだ!口内炎だ!と脳内テンションダウンで、寝てました。
すんがすん、気が付けば、もう大潮3日前!

これは行かねばなるまいて!!
新月の大潮なんで、効力のほどは、やや弱いという説もあるが、すんがすん!!
月の引力なめんじゃねえ!!

とりあえず、期待するのは明日からだが、今の琵琶湖の状況を見ておかないとねっ!
今朝は気温が1度だったが、体感的にもっと寒く感じた。
思ったとおり、逢坂山を越えるあたりから雪がちらつき始めた。
やはり3月に雪が降った。
例年通りの流れだ。
asaiti3-11.jpg

情報では50UPが3尾、6時ごろに上がってたらしい。
やはり6時頃は、いつの時期でもご飯タイムのようだ。
まあ、7時半に付いた僕には、そんなサービスは無い!!

それでもなにやら、何かが良くアタる日で、何とか1尾、スレで25cmが上がってきた。
どのアタリも、動き出しで当たってくる。
その辺を鑑みると、30前後のサイズが意外と元気に動いているのかもしれない。

河口のワームの人が食わせで30クラスを2〜3尾釣っていたコトからも、そんな感じが伺える。
食わせでは食わないが、ビュッと逃げるヤツには、リアクションでコッっと一瞬当たってしまうのかもしれない。
ただ、サイズが小さいので、しっかり口にも入らないので、乗らなくて、掛かっても、かする程度で口先皮0.5枚ほどに引っかかって、即身切れ。
なんかそんな感じがした。

まあ、すべて鯉だという説も拭い去れないが。
その辺は、ヤル気にも関わるので、この際、バスだったという説をかたくなに押し通そうと思う。

まあ、僕の経験則上では、明日からだし。
本命は、明後日、明々後日だし。

またちょっと身体を酷使するかな!
posted by てんちょ at 12:19| 毎日釣行記

2010年03月05日

10.2度・雨降って?

雨降って、水濁る!
雨降って、水温下がる!!
雨降って、釣れなくなる・・・・・。

この時期の雨も実は意外と良くないことが多い。
本当の理由は分からないのだが、僕の感じているところの話をしよう。

この時期、雨が降った後釣りするとラインが汚れる事が多い。
これが、釣れにくくなる理由なのだと思う。
この原因が一体何なのか?
それがずっと謎であったが、去年、おととし辺りから一つの仮説が立ってきた。

この時期の自然現象の一つで黄砂がある。
その「黄砂」が風で流れてくるのだが、それが雨によって湖に流れ込む。
その影響が、魚の食い気やヤル気を削ぐのではないかと感じている。

でも、何の根拠も無く、僕が勝手に思っていることです。
誰も、こんなこと言ってる人いないと思うから、正直、自信無いです。(知らないだけで、誰か言ってくれてれば助かるのだが)
だけど、とりあえず、僕は今のところそう考えております。

また、何か気がつけば変わるかもしれないくらいの話です。
まあ、そんな日でも良く釣れた日もあったので、100パーダメになるという話でも無く、どちらかと言えば良くなくなることが多い気がするという僕の経験則のお話!

信じるかどうかは、あなた任せだ!
posted by てんちょ at 21:43| 毎日釣行記

2010年03月03日

水温11、1度・しかしっ!!

asaiti3-3.JPG
水温は上がってる。
濁りはあるが、プラグで釣るには、意外と濁りは味方にもなる。
まあ、濁りの種類もあると思うんですが。

6時半から7時前に、ワンチャンスあるようだ。
僕は、7時前に着くことが多いので、毎年これを逃してる気がする。 
行ける人は、6時半には、1投目出来るようにしておいた方がいいだろう。
僕も、ちょっと頑張ってみようかな・・・と思っている。

場所までは、教えられないが、ウィードの濃いところを見つけておくと良いだろう。
シャクリは、強い目な人が多いかな。

僕は、基本スイッと上げて、ストンっと落とすか、急にギュンっ!と弾けさせて、ストンっと落とす事が多い。

後、忘れちゃいけないのは、ゆーっくり大きく上げて、ややカーブフォールを意識して落してゆくというやり方。
このフォール時に、バイトが来るので、かなり楽しい。

その3つが大ざっぱに言って、基本かな?

2段しゃくりと言って、ギュンギュンっと2連続でしゃくって落とすというものもある。
てか、まあ、自由なので、自分のオリジナルシャクリでも編み出して、みんなを出し抜くのも良いだろう。
もし見つけたその時は、こっそり教えてください。

後、釣り場で僕を見た人なら、みんな気がつくと思いますが、変なアクションをしています。
ヒゲメタルだからこその、アクションです。

ヒゲメタルは、リアクションだけじゃなく、食わせの力も持ち合わせた、なかなか、良く出来たルアーなのですよ!
単純なようで、よう出来てるでしょ?

ま、坊主なんで、語るのはこんなもんにしときます。
また、頑張ります!
kaeri3-3.JPG
posted by てんちょ at 13:44| 毎日釣行記

2010年03月02日

水温測り忘れ・大潮最終日

大潮最終日は、結構、釣れるような気がしてたんだが、くらった。
でも、浜の立ち込みさんが3200gでゲッソリだったが60釣れたとか、なんだかんだで、ヤマノウチ氏(エビメタル制作者)も50UPを獲ってたり、周りでも1〜2本出てたような話を聞いたので、昨日よりは魚に食い気が出たともいえる。

まあ、どう感じるかは、あなた次第だ!

ポイントが別々の2つの情報で、大潮初日のように、どっと情報が溢れる感じでもないので、たしかにまあ、微妙な話だ。

だが、とりあえず、毎日、何かしらの情報が出るようになってきた。
多いにチャンスだ。
まあ、ここまで来たら、日増しに暖かくなるだけなので、若干の日ムラはあるだろうが、安定して、釣果は出ると思う。
ただ、それが自分にくるかというと、そこが難しいところ!

釣れてる人の場所を良くチェックして、釣れてる人のアクションを良く見ておきましょう!
大きくあおっているか、小さくあおっているか。
落としてから、少し待っているか、カーブフォールか、ストンと落としているか、などなど。
まあ、軽くマネして、ダメなら、自分のやりやすいやり方で、のんびりやり続けましょう。

釣れっときゃ釣れますて!
そんなもんですよ、この釣りは!!

さて、僕も明日は、釣ってくるかな!!
posted by てんちょ at 13:58| 毎日釣行記