2009年12月31日

2009年の最終釣行でした。


水温6度。
水質、白濁り。
風、少々(気にならない風向き)
釣り人、20人位。
バス、ゼロ。

全然、釣れてなかった。
誰も釣れてなかった。

釣れるはずもなかった。

琵琶湖を見てたら、書いてあった。
「年末は30日まで、年始は2からの営業になります。」byBASS
ってね。

どうやら、お正月休みに入っていたらしい。
そういうことだ。

何も言うな!
そういうことなのだきっと。
asa2.JPG

そして、こんなノリで来年もよろしくお願いします!
posted by てんちょ at 12:30| 毎日釣行記

2009年12月29日

水温低下なのに、釣れるんだよ!

PQ|QX.JPG

今日も暖かいのだが、水温は落ちてた。
6℃だった。
沖も、1段目も2段目も6℃だった。

2日前6.5℃だったから、順調に落ちてる。
まあ、厳しいです。
でも2日で0.5℃くらいなら、何ら問題ないですよ!
まあ、問題は無いとはいっても、釣れるわけじゃ〜ない。

いや、釣れるわけじゃないが、釣れないわけじゃ〜ない。
いやいや、釣れないわけじゃないが、釣れるわけじゃ〜ない。
いやいやいや、釣れるわけじゃないが、釣れないわけじゃ〜ない。
いやいやいやいや・・・って、もうええか・・・。

とりあえず、僕は釣れなかった・・・。
すんがすんがすん!
スイミーさん、40UP2尾に、30UPのおまけ付き。
サルノウチさん、粘りに粘って8時半ごろに52cm2880gだそうだ。

な?
釣れないわけじゃーないんだよ。

だけど、僕はボーズ・・・。

な?
釣れるわけじゃーないんだよ・・・・。

今年中にあと1尾・・・釣りたい・・・・。
今年終了まで、あと2日。
posted by てんちょ at 12:45| 毎日釣行記

2009年12月27日

冬の嘘つかないゲーム

PQ|QV.JPG

この3日で水温は上がった・・・。
俺には・・・分かるんだよ・・・。

昨日、その前と、極寒たっだその前に比べて暖かかった。
その時、水は、温められたのさ。
さらに、あの雨だ。
あの雨の日は、暖かかった・・・。
そう、その時、水はさらに暖められたんだよ。
わかるか?

そして俺は、気がついたのさ。
釣れる必勝法をな。
俺は、間違いなく釣れる・・・。

俺には・・・わかるんだよ。

勝利の方程式は、こうだ。
まず、俺が釣り場に着く。
そして、ゆっくりとロッドにエビメタルをつけるのさ。
すると、必ず、そのルアーは、投げられるだろう。
投げられたルアーは、はるか沖で沈む。
すーっとな。
その後、底に落ちるまで、待つ。
落ち切ったことを確認したら、そこからゆっくりとリフトしてみせる。
持ち上げられたエビメタルは、ぶるぶると震えながらやや浮き上がる。
すると、エビメタルは、重力によって地球に引きつけられる。
それを繰り返していれば、いい。
奴らは、きっと、罠にかかってくる。
その時に、アワセて掛けてやればいいのさ。

分かるか?
全ては、水温の変化によって決まると言っていいだろう。
水の濁りは、囮だ、気にするな。
安心しろ、俺は、このふざけた釣り方で必ず釣るす。

ところで、問題は、これが何のパロをやっているのか伝わるかどうかだ・・・。
っま、わからない人は置いて逝く。
それがパロの定めだからな。
posted by てんちょ at 15:21| 毎日釣行記

2009年12月25日

水温の意外な事実を知った。(過程の仮定)

12-25asa.JPG
今朝は、昨日よりも寒かったけど水温は、今日も5.5℃だった。

僕は、いつも、水温計にフローティングキーホルダーをつけてキャストして20mほど沖の20cmほど下の水温を測る。
岸際(石段の1段目、2段目)は浅いので水温の変化が激しいと思うからだ。
浅い水たまりの水は、深い水たまりの水よりも凍りやすいという理屈だ。

石段の1段目などは、水深10cmほどしかない。
2段目でも20cm程度だ。

沖が5.5℃だったら、気温1度の今朝の寒さでは、1段目は、5.5℃以下だと単純に思う。
そう思いませんか?

で、気になることがあったので、一応、今朝、測ってみた。
すると、6℃だった。
1℃も高かった。
ほんとに??ッと思って、2段目も測って見た。
すると、5.8℃だった。
その沖を測ると、やっぱり5.5℃だった。

これは、どういうことなのだろう?
すでに朝日で水温が上がったのだろうか??
今までの想像と大きく違ってしまう。
しかし、原理は分からないがホントはそうなのかもしれない。

なぜ、そう思ったかと言うと、いつもカワウが手前でギルを捕食している。
なぜか、冷たいと思われる手前にギルが付いていることが多い。
もしかして?っと思い、今日、あまりの釣れなさに、調べてみたのだ。

まだ、今日だけの話なので、たまたまかもしれないし、はっきりとは言えないし、間違いかもしれないが、浅瀬は冷たいと思いこんでる人がいるのであれば、少し考えを改めないといけないかもしれないぞ。

まあ、ボーズなんで、こんなん語ってみましたけど〜?
posted by てんちょ at 11:49| 毎日釣行記

2009年12月24日

水温5.5℃の琵琶湖で。

水温5.5℃の琵琶湖でボーズをくらってゴミ拾いしてきた。
12-24asa.JPG
暖かい朝でした。
インフルだか、トンフルだか、新フルだか、チンフルだか、フルチンだかにやられてるうちに、琵琶湖がこんなことになっているなんて・・・。
思ってもいなくもない想像の範囲内の変化でした・・・。
だって、水温以外パッと見なんも変わっちゃいませんでしたからね。

とりあえず、釣れないのも相変わらずだし。
まいった、まいった、あはははははは。

釣れない時にはゴミ拾い!
今日は、空き缶メインでランガン!
12-24gomi.JPG
釣れてないからか、釣り人は5人程度。
ヤマノウチさんも来てたけど、どうやらくらって帰ってるようだ。

さあ、これからだ!
これから・・・・はてさて、どっちへ行こう?
posted by てんちょ at 12:38| 毎日釣行記

2009年12月17日

冬将軍到来!だが、しかし!!

冬将軍到来の12月17日、今年一番の冷え込みだとかっ!
12-17asa1.JPG
しかし、冬将軍の力は、気にすんじゃねえ!
朝バスは、それでも動く!
毎年、そうなんだから、間違いない!

っで!

やっぱ、釣れたよ!
俺じゃないけどね〜・・・。

今日はワームの人に獲られた。
55くらい有りそうだった。

僕が狙ってるこの釣りの魚は、実はワームで釣れる魚を獲る釣りだ。
何年も通ってて見てきた、ワームの人が釣る魚、そのポイント、釣るテクニック。
それをプラグで奪えないか?

そして、ワームのようにかすかな動きで誘うようにしてたら、ある時釣れた。
それから、自信を持って、試すようにしてると、また釣れた。
ほんとにワームの魚かどうかは、実際問題わかんない。
でも!
ブリブリやってたんじゃー獲れない魚っぽい魚だ。

言ったもん勝ちの理論で、先に言っちゃいます!
信じるか信じないかは、あなた次第だっ!

まずは、ラインをゆーっくりスーッと上げるだけでもルアーは動いてるってことを知ってるかどうか。
知っているなら、分かるはず。
それでも、動いているんだってこと。
手に動きの伝達が来なくても、ルアーはちゃんとアピールしている。
そして、バスは、その弱い動きにもバイトする!

たとえ本当にピクリとも動いていなくても、わずかにでも水を押せば、それは動いているということだって知っておこう。
魚の感知能力、なめんじゃねえ!

あ、ちなみに、普通にエビメタでも、46cmと30くらいのと上がってました。
僕は、見事に冬将軍に討たれました・・・。
無念じゃ!!
PQ-PVA.JPG

冬将軍の「力」、あなどんじゃねえ!!
posted by てんちょ at 11:42| 毎日釣行記

2009年12月16日

TN−70で2150gいただき!

TN−70のコトコトで2150gの49cm!
49cm!12-16.JPG
dQPTO.JPG
投げて、そこまで落として、そーっと動かして、そーっと落とす。
そーっと落として、気持ち待つ。
その時に、コッ!!
っで、グーン!!

っで、ど〜ん。
TN-70!.JPG
っで、にんまり!!
SXEPQ|PU.JPG

去年も12月の10〜15日に、このポイントで、この釣り方で釣れた。
おととしも釣っている。
パターンなのだ。
分かってて、狙って釣ったので、有頂天だ。

細かい釣り方は、教えないぞ!
これは、僕の釣りの僕の魚だ!!
現場では、もろバレですがね・・・。

そして、その情報をブログにて、「琵琶湖Live」で上げた。
すると、それを見て場所移動してきた方も46cmをエビメタルで!

釣り方は、違う。
普通のメタルの釣り(リフト&フォール)だ。
まあ、釣れるきっかけになったようなので、なによりです。

後は、ランガンしながらご機嫌さんで、ゴミ拾い!
PQ|PU.JPG
posted by てんちょ at 11:58| 毎日釣行記

2009年12月13日

飛んでるけど、とんでもねえ!

どうも、ヒントを上手く使えない男です。
12-13asa.JPG
ヒント云々、それよりも、今日は、飛んでも無くハズレだったように思います。
昨日の朝と比べて、グンッと白濁りが入ってた。

今日は、風もあり、その影響か南へと気持ち強めに流れがある。
感じは、悪い訳でもない。
こんな感じの時によく釣れた日も確かあったし。
だので、期待しつつガンガってみたが・・・・あべしっ!

あきらめて、本日導入!
シマノの小物専用ベイトリール「カーディフ50SDC」
50SDC!.JPG
PEの1号(19ポンド)を100m巻いてある。
もちろん、シマノのパワープロ(という名前のPEライン)!

数投して、楽勝だと調子に乗って力を入れて、ひでぶっ!!10投せずに50mほど失った・・・。

その後、ゆっくりデジコンに慣れるべく投げ込む。
とりあえず、サクッとアルデバランよりも飛ばせるようになった。

ってことで、キャストを動画に納めてみた。
片手でロッドを持ち、片手でカメラを持ってキャスト。
ルアーは、ジャッカルのセイラミノー55(2g)

持ってる人なら、わかるでしょ?
セイラミノー55の飛ばなさ。
それをベイトで、動画撮りながら、投げてます!
時機にブログに上げますので、ちょこっと覗いてみてください!

このリール!
やっぱ、とんでもねえ!!

で、釣果の方は、見事に、たわばっ!!
posted by てんちょ at 11:54| 毎日釣行記

2009年12月12日

釣れなくても、 釣り場にはヒントがある!

不意に足を痛めてしまい、回復を待っての3日ぶりの釣行です!
12-12asa.JPG
今日も釣れなかった・・・。
しかし、次につながるヒントは得た!(はず)

まずは、あたりまえだが、早朝、日の出る間際!
これは46あったそうだ。
そして、TN−70コトコト・パールアユ。

その後、上がったのは3尾ほどで、全て30チョイってとこ。
そのうち2尾が、バイブレーション!
おそらくTN−70コトコトだと思われる。
残り1尾は、エビメタル・シルバーオーロラ。

ポイントは、深場3・浅場1尾だが、攻めてる人数からみると、同率程度かな。
雨によって水が酸素を多く吹くんでいるので、やや白系(シルバー系)への反応が良いのかもしれない。

これは、夏の雨後に白への反応が強くなるというセオリーがあるということからそう思ったのだが。
真偽は、分からない。

まあ、水質もクリアになりつつあるので、
「クリアな水には、ナチュラル系かシルバー系がよい。」
という、基本セオリーとも合うので、少し試して見ても良いと思う。

アクションは、強めのリフト&フォールで良いようだ。

と、いっぱい偉そうに語っている、僕は、アタリもカスリも無い丸ボーズだ。

はぁ〜・・・。
どうやったら、釣れるんですかね?(爆)
posted by てんちょ at 11:55| 毎日釣行記

2009年12月08日

釣れてないけど、読む?

PQ|W.JPG
今日は、温排水の河口へ。
朝一には、岸際ライズポイントにギルが沸いてる。

雰囲気は、僕の待っている雰囲気に近い。
少し時期は早いが日が合えば、一発獲れるかもしれない!

すんがすんがすん・・・・。

今日は日が合わず、釣れなかったんですけどね。
アタリもかすりも無いよ!

少しずつだけど、水温も下がってきてる。
10℃切るあたりから、本格的にシーズンいんだと言っていいと思う。

これからだよ!
これから!!

琵琶湖のバス釣りにオフシーズンなんて無いぜーー!!

後、いい加減タバコのポイ捨てやめてくださいよ〜!
25hon.JPG
posted by てんちょ at 11:37| 毎日釣行記

2009年12月05日

今日は、TN−70で53cm!

僕じゃあ、ありませんし!!

僕は、ボーズですし!!!!

クランク失くしましたし!!!

そのクランクは、スタッフDのためにマルキューが置いて行ったやつですしw
弁償もんですし!

時合いは、有りましたし!
7時でしたし!!

ルアーは、メタルよりもバイブでしたし!!
なんでもいいかもしれませんが、TN−70コトコトがおススメでしたし!!

釣れてたポイントは・・・・おっと!

そこまでは言えまへん!!

知りたい人は、釣り場で、僕を探せ!!
ソコに僕は立っているはずですから。

しかし、油断は禁物です!!
ポイントに入れず、変なとこに立っている場合もありまっせ!!
PQ|T.JPG
本日は、小雨でした。
posted by てんちょ at 13:28| 毎日釣行記

2009年12月04日

TN−70コトコトで55cm!

TTAI.JPG
出廷前のあるあるフィッシュです。
55cm・2810g!
55cm12-4.JPG
2810g12-4.JPG
足場が高くて、焦った、困った。
マリーナのガイドさんの助言をもらって、てんやわんやで何とかかんとかランディングしました。

こんな日って出廷すると、釣れないオチってのも「あるある」ですよね。
ってことで、見事に激シブ・・・・。
浜大津は、びっくりするほどの沈黙でありました。
PQ|SI.JPG
雨が降ったりやんだりで、まあ、悪い感じじゃないんですけどねぇ。
水温も昨日よりわずかながら高いし。

粘りに粘ったがあきらめて、天神側の方まで一気に移動するも、やはり渋い。

こちらも水温は13℃位と昨日より暖かいようですが、さっぱりです。
スイミーさんがジグヘッドで20後半までを3尾ほど絞り出す。
駄弁りながら、TN−70をゆーっくり巻いてた僕にも20cmクラスが(笑)
QOPQ|S.JPG
とりあえず、魚は居るっぽい。
ということで、TN−70コトコトをそこまで落として、軽く短いジャークで、プリぽてアクション。
プリッとさせて、ぽてっと落とす。
プリッとさせて、ぽてっと落とす。
それを、ゆ〜っくり、のーんびり、やや駄弁りながらやっていると、コンッ!
「あ、釣れた」
ラッキーパンチが見事命中!

しかし、ボートでのランディングが不慣れなおかげさまで見事にバラす・・・。
何だろう、ラインの長さとか、ロッドの持って行き場がどうにも掴めない。

だけど、キレイにランディングしたいのですよ!!
45cm(目ジャーでは43cmくらい)くらいでした・・・・。

「プリぽて」は、ぼくのバイブレーションの釣りの基本です!
今年は、結構、巻いて釣ってますが、去年までは、そんなに普通に巻いて釣ったことって少ないんですよね。
基本リフト&フォール。
そこから、ゆっくりモードに変えての『プリぽて』

エビメタルも僕は、コレがメイン。
(もちろん、周りの釣れてるアクションを優先ですけどね)
でも、ここだけの内緒だよ!
posted by てんちょ at 13:28| 毎日釣行記

2009年12月03日

3日ぶりに釣れチョビレた!

やっぱりTN−70なんだな〜!
[VOERU.JPG
でもサイズは、36とほほん。

まあ、3日ぶりなので、贅沢は言えない!!

今朝は、小雨。
ベイトボールが浮いている。

ずっとギルボールだと思っていたが、カモメが襲っているところをみると、どうやら、ギルボールではないのかもしれない。
これは、何ボールなんだろうか?
時期的に見てワカサギなのかもしれない。

ただ、そのボールがある内がチャンスタイムの模様。
でも、よく釣れるってわけでもない。
確率があがる感じ。

でマッチザベイトになるのかな?
チャンスタイム中にオットンさんは、スクワレルで30あるなしを2尾。
IbgXN.JPG
IbgXNQI.JPG
しかし、このベイトボールがいつ、どこに現れるのかが分からない。
居るのに浮いてないこともあるだろう。
そこで、時間で読むことになる。

ところがどっこい!
この時間が、またくせ者で、このところ、ブレブレ・・・。
しかも、場所もマチマチ・・・。

しかし、浜大津に居ることは間違いない!
どこで釣れるかわからないってことは、どこでも釣れる可能性があるてことだ!
とりあえず、釣りに行くべし!

宝くじは、買わなければ当らない。
釣りも行かなきゃ、魚は釣れない!
そういうこと!
posted by てんちょ at 13:29| 毎日釣行記

2009年12月02日

秘密のエビメタルで40UP!

今日もオットンボートで沖猿!
12-2asa.JPG
本日の1発は、赤メガネさんでした。
40UPです!
40UP!.JPG
ルアーは、エビメタルなんですが、これが秘密(?)のエビメタルなのです。
秘密というのは、良い言い方で、実際は、開発途中(?)でお蔵入りとなったタイプなのです。

エビメタル・6.5mmがオリジナル。
エビメタル・6mmがJr。
そして、何ミリか走らないが、「エビ玉」と僕が勝手に名付けたコイツ。
тI.JPG
動きや飛距離などは、問題無いのだが、いかんせんシングルフック(トリプル1個)もしくは、ツインフック1個。
なので、「アタリがあっても乗りずらい」「てか、乗らない・・・」ということで、お蔵入り。

だったのですが、こと赤メガネ氏のみ好評で好調!
そこで去年、特注で10個ほど買い溜めしておられたのでした。

う〜ん、釣られると、気になるじゃまいか・・・。
でも、まあ、微妙だし・・・・。
確か、まだサンプルのが1個あったはずだし、今度、こっそり使ってみるか。

その後、移動してアクティバ沖でオットンさんが手堅く攻めて、20個半までを4尾ほど。
IbgQO.JPG
3.5インチのダウンショットです。
しっかりやれば、しっかり釣れるようです。

水質は、浜大津よりはキレイ。
ちなみに、水のきれいさでは、ポパイワンドの南、KKR沖がすごくきれいだった。

そして、僕の釣行結果もとてもキレイでさっぱりだった・・・。
明日こそは、釣ってくる!!
posted by てんちょ at 13:55| 毎日釣行記

2009年12月01日

TN−70コトコト、強し!

今日は、沖猿!
PQ-P.JPG
オットンボートで、いつものポイントを沖から攻める。

メタルバイブが精いっぱいの距離。
いや、それでも届かないかな?位の距離。

ボートなのでTN−70で。
僕は、リフト&フォール。
オットンさんは、ゆ〜っくりのただ巻き。

まず、オットンさんに1バイト即バレ。
さらに、流し続けると、再びオットンさんにバイト!
今回はしっかり乗った模様!

上がってきたのは、43cm!
SRE.JPG
?I.JPG
やっぱり1発くらいは出ますね。
でも、やっぱり、1発くらいですね・・・・。

粘ればよかったのかもしれないが、ぶちょうさんのクランクパターンも気になるので、移動!
しかし、やっぱりガイドさんのようにはいかないか・・・。

時間一杯、クランク、バイブととっかえひっかえ巻きまくったがノーバイト!
そして、くらった・・・・。

明日も、乗っていいと言われたので、起きれたら行ってきます!!
PQ|PAI.JPG
posted by てんちょ at 11:59| 毎日釣行記